FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はらなんとかのほうは割愛。

前回はオーディンで考えましたが今回はジークを考えます。
ジークの特徴といえばなんといっても金属性であることですね。
これはつまり属性変化をしなくても属性強化される日があるということです。
今回はそんな都合のいい日のことを考えます。


さて、せっかく属性強化がきているのでリーダーは当然変化ではなくATK30%をつかいます。
またリーダーもせっかくなのでATK30%です。
つまり戦闘に出るメンバーは

テュール、ジークフリート、テュール

ですね。なんだこれ。
さらにジークはHPがステボ込みで1983しかないためもう一体あると安心できます。
つまり控えにさらにジークフリートですね。
何を言ってるんでしょうか。


さてこうなった場合まずジークのATKですが1507になります。
更にコレが2倍撃で3014です。
弱点はないためこれでおわりです。
SP技だけみると貴人達とくらべてちょっと落ちる感じですね。
しかし、この編成はそこはオマケでしかありません。
ようは素で殴っている間もATK30%分だけ有利なのです。
ついでにテュールのHP・ATKが高いため殴り合いはちょうつよい!はず。

実際に比べるとすると、貴人を入れる場合ヴィラコチャ・貴人・テュールになります。
めんどいのでサポートもステボMAXです。
この場合のATKは
1106、1076、1106
の合計3288ですね。

一方ジーク組は
1290、1507、1290
の合計4087です。恐るべし。

計算がめんどくさいので理想的な死に方でダメージを算出します。
ヴィラコチャもステボ込みでHPは1910でジークとかわりませんね。
全員3発食らったら死ぬと過程して、それぞれ均等に2回ずつくらって最後に全体で死ぬエンディングにします。

つまりジーク組は殴れる回数も7回ですね。
スキルは2回つかえるか、ぐらい。
総ダメージは4087*7+3014*2で34637になります。実際にはもう一人控えがイルのでもっとたかくなったり、先にリーダーが死んでもっと低くなったりします。が、面倒なので割愛。

深淵組はというと、スキルの初動まで4回耐える必要があります。
そこからは1発くらうと2発分停止できるため、実際には5・6が2回なぐれて7でエンド。
つまり11回殴れます。
ダメージは3288*11で36168

やっぱり今回も深遠がつよかったよ・・・
まあ深淵組はヴィラコチャが落ちるとガッツリ火力さがるってデメリットがありますし、後続も同様のため、テュール・ジーク・テュール編成ができるならこちらがいいと思います。
ただ、サポにテュールがいないならヴィラコチャを使う羽目になるため、結局深淵いれて、が安定だとおもいますね。
ロマンがありますよ、ってことで。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。